新型 ブロンコ。 フォードが新型SUV「ブロンコ」の発売日を延期、OJシンプソン氏の誕生日を回避

フォードが新型SUV「ブロンコ」の発売日を延期、OJシンプソン氏の誕生日を回避

新型 ブロンコ

もちろん非公式である。 リアからのアングルではジープラングラーにも見えてきます。 2020. 他にもミッドサイズピックアップトラックの「」があります。 捉えたプロトタイプは、4ドア同様に厳重なカモフラージュが施されています。 デザインはいいし、ラダーフレームだし、7速マニュアルじゃなくても売れると思います。 確かに今のアメリカ自動車業界には 「低燃費化」「電気化」の波が来ているため、新型ブロンコも例外ではないでしょう。 今回は、その「ブロンコ」の写真と「ブロンコスポーツ」の細かい内容がリークされている。

次の

【復活間近?】新型フォード・ブロンコ 外観がリーク ジープ・ラングラーの対抗馬、3月中に発表か

新型 ブロンコ

《Spyder7編集部》. それにしても、なぜ、いまブロンコ復活なのか?. に 管理人 より• 画像: よく見ると真ん中の写真に写ったボディの後ろに少し大きめの 「影」が写っています。 そして、ついにBroncoの3月10にリーク画像がでてきました。 フォード・ブロンコ・スポーツのプロトタイプ さらにハイブリッド車がラインナップに加わる可能性もあるだろう。 追記…手っ取り早く最新画像を見たい方は以下の記事をご覧ください! 新型ブロンコは「レンジャー」とプラットフォームを共有。 これまではマーベリックという車名になると噂されていたが、その憶測にも終止符が打たれることとなった。

次の

フォード ブロンコ 価格・車種カタログ情報

新型 ブロンコ

で、これらの情報を整理すると、この新型ブロンコには膨大なモデルラインナップが存在しているのではないか、という想像が付く。 アメリカのオンラインフォーラムに投稿された写真は、北米フォードの奥深くに入り込める内部関係者がスマートフォンで撮影したものと思われる。 生産はミシガン州ウェイン郡のフォード工場で行われ、市場ではジープ『ラングラー』と争うことになるだろう。 内装の写真はほとんど確認されていませんが、センターに角形のインフォメーションスクリーンが搭載される可能性が高いということです。 トランスミッションは10速オートマティックで、マニュアルミッション車の登場も囁かれている。 フォードレンジャーとプラットフォームを共有し、ミドルサイズのSUVとして発売される予定である。 そりゃそうだ。

次の

“旧い顔でも中身は最新”なクルマがアメリカで人気です【アーリーブロンコ】

新型 ブロンコ

3リットル直列4気筒「EcoBoost」エンジンで、最高出力270ps・最大トルク420Nmを発揮、10速ATと組み合わせが予想されています。 これはブロンコRプロトタイプ。 このブロンコも 「F-100」というフォードのピックアップトラックをベースとして作られ、1966年~1996年まで製造・販売されていました。 正式発表は3月と予測され、2月にディーラーが実車確認をするのは、一般的な新車の発売までの流れとしては納得できる。 画像: こんなフルカスタムしたらもはやなんの車だかわからなくなりますが、どちらにせよめちゃくちゃカッコイイ!! ここまでやらなくてもタイヤを換えてルーフラックなんかつければイカしたブロンコになります。

次の

フォードが新型SUV「ブロンコ」の発売日を延期、OJシンプソン氏の誕生日を回避

新型 ブロンコ

We are sensitive and respectful to some concerns raised previously about the date, which was purely coincidental. こうゆうのを「カラーバス効果」というみたいです。 パワートレインは、最高出力270ps、最大トルク420Nmを発揮する2. ワールドプレミアは、2020年1月のデトロイトモーターショーが有力で、復活するブロンコと親子同時公開される可能性がある。 ボディタイプは、 2ドア、4ドアの設定があり、 エンジンは、 2. これまではマーベリックという車名になると噂されていたが、その憶測にも終止符が打たれることとなった。 画像: これはテスト走行中のスパイショット。 さらに、ジープ・グラディエーターに対抗するために、ピックアップトラック仕様も遅れて登場することになるだろう。

次の

2020年フォード ブロンコ【 FORD BRONCO】 復刻販売予定!

新型 ブロンコ

フォード・ブロンコ・スポーツのプロトタイプ また、ブロンコ・スポーツの姿にははっきりと「BRONCO SPORT」のエンブレムを確認できる。 生産はミシガン州ウェイン郡のフォード工場で行われ、欧州での発売も視野に入れている模様です。 唯一わかるのは、円形のラップアラウンド・ヘッドライトの一部だろう。 。 また今回は初めてそのキャビン内の撮影にも成功した。

次の