サルビア。 サルビア・ネモローサの育て方

サルビアの育て方!上手な摘心の方法やコツとちょっと怖い?花言葉も

サルビア

近縁のグレッギーも基本種の花色は赤色です。 期間は、一週間前後です。 秋に近づき涼しくなってからにしてください。 日頃より重症心身障害児(者)施設サルビアの運営に関してご高配をいただき感謝申し上げます。 庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が長く続くようなら水やりをします。

次の

【サルビア】育て方・増やし方(種まき)

サルビア

特に良く育つ時期なので、この段階で手間暇を惜しまずに管理すると見栄えしますし、逆に放置してしまうと一気にみすぼらしい雰囲気になってしまいます。 サルビアの種類(6)サルビア・ガラニチカ(メドーセージ) 「サルビア・ガラチニカ」は、濃青色をした筒状の花を咲かせるサルビアの種類です。 ラテン語で健康・良い状態を意味する「salvus」がサルビアの語源とされており、家族を連想されることから、「良い家族」「家族愛」という花言葉が付いたとされています。 一方ブルーサルビアを庭に取り込むと、涼しげな雰囲気ですよね。 地域差はありますが、サルビア・スプレンデンスの花期は 6月~11月ごろ。 サルビアを定植させた直後にはたっぷりと水やりをします。

次の

サルビアの育て方【夏のガーデニング草花】

サルビア

根の先端を軽く切っておくと、新しい根が育ちやすくなります。 高さを出したい、 寄せ植えの中央にもぴったりですね。 赤紫色や紫色のがくの中に、白い花を咲かせます。 一方、多湿状態が続くと根腐れを起こして枯れてしまうので注意が必要です。 種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。

次の

サルビアの育て方

サルビア

うまく育たない時の原因は? サルビアの花が咲かない チッソの多い肥料を与えたり、肥料を与えすぎると葉ばかりが茂ってしまい花があまり咲かないことがあります。 3~5cmと大きめで存在感があります。 暖地以外でどうしても冬越しをさせたい場合は、室内に取り込んで管理します。 発根して新芽が育ち始めたら鉢上げをして下さい。 大事に育てれば初夏から秋まで、なんと半年近く咲いてくれるのです。 greggii)と合わせて「チェリーセージ」と呼ばれることがあります。 同じ種類の土を小鉢や9cmのビニールポットに入れて茎を挿し直す。

次の

【サルビア】育て方・増やし方(種まき)

サルビア

サルビア・ネモローサの花期は5月~6月。 土に肥料分が含まれているなら月に3回ほど薄めた液体肥料を施しましょう。 南アメリカ原産の種類で、別名「テキサスセージ」と呼ばれる場合もあります。 切り戻し 花が終わったら早目に花序を切り戻すと、株が充実していれば2番花を咲かせます。 芽が出てきたらビニールをとって日光の当たる場所に移動させる。 花だけを見ると、むしろ唐辛子のような雰囲気です。

次の

【サルビアの育て方】種まきや苗の植え方と時期は?宿根性はどうする?

サルビア

鉢にたくさんブルーサルビアばかりを植えても、草姿が乱れずすっきりまとまります。 短期入所についても当面の間横浜市民の方を原則としています。 唇形花とは、筒状になった花の先が上下に分かれ、唇のように見える花のことです。 1年草のサルビアや冬越しをしないサルビアは、植え替えの必要はありません。 近くで見ると、まるで フェルト生地のよう。 短期入所は利用者の健康状態が安定していることが前提です。

次の